2019年 01月 16日お知らせ

会津の伝統工芸品「本郷焼」

画像

画像

画像

東北最古の陶産地、会津美里町で作られる「本郷焼」。
1593年、当時のお殿様・蒲生氏郷が、若松城を修繕する際、屋根瓦を焼かせたのが始まりだと言われています。
戊辰戦争や町の半分を焼く大火などにより衰退したものの、その度に再興し、現在に受け継がれています。本郷焼は窯元により、色やデザインが多種多様なのが特徴であり、どれも職人さんのぬくもりを感じることができます。
磐梯山温泉ホテルでは、客室に本郷焼の茶器をご用意しています。
約400年の歴史を持つ湯呑で、ほっと一息ついてはいかがでしょうか。
■お部屋のご案内はこちら
■ご予約はこちら

‹‹ 前の記事を見る  |  新着情報一覧へ  |  次の記事を見る ››